どのように効果がでる?

失踪宣告には、ある日突然消息が分からなくなったなどの普通失踪の場合と、災害や遭難など、死亡の原因となる危難に見舞われた特別失踪の場合があります。いずれも手続きはほとんど同じですが、普通失踪の場合には消息不明になってから7年、特別失踪の場合には、危難が去ってから1年以上経過してから申し立てることになってます。
失踪宣告が出ると、普通失踪の場合には、期間満了時に死亡したとみなされますし、特別失踪の場合には、危難が去った時に死亡したとみなされます。危難が去ったときというのは、戦争終結後、沈没や遭難、その他の災難が去った後などを指します。死亡扱いとなりますので、失踪者の財産については相続が開始しますし、既婚者の場合には、死別という形で婚姻は解消されます。また、死亡保険金や遺族年金なども死亡と同じ扱いになります。

 

 

mobile02_mなお、仮に失踪宣告後に失踪者の生存が確認できた場合には、失踪宣告自体がなかったものとして取り扱われますので、婚姻関係も戻りますし、相続した財産は本人に返還されます。ただし、既に私用してしまった遺産があったり、配偶者が既に再婚している場合などは、できる範囲で元に戻し、後は現状維持になります。