行方不明の状態による失踪宣告の分類があります

ある人が生死不明の場合、一定期間経過後に死亡したものとみなしてしまう制度が失踪宣告です。この手続を経ると失踪宣告を受けた者の私法上の法律関係は死亡したのと同じ扱いになります。失踪宣告には行方不明の状態によって普通失踪と特別失踪の2種類があります。

 
前者は、不在者の生存が確かめられる最後の時から計算して7年間生死不明の場合に失踪宣告が出るというものです。失踪の効力は、7年経過後に生じます。特別失踪とは戦地に臨んで戦争が終わったとき、船が沈没したとき、その他生命の危険に伴う危難に遭遇した者がその危難が去った後1年間生死不明の場合に失踪宣告が出るものです。特別失踪では危難が去ったその時に死亡したものとみなされます。

 

mobile02_m
失踪宣告の効果としては、元の住所を中心とする財産や家族関係において死亡したものと同じ扱いがなされます。相続が開始して相続人に失踪宣告者の財産が承継されたり、婚姻が解消して再婚できるようになったりします。あくまでもその場面で死亡した者と扱われるだけなので、もし本人がどこかで生存しているならば権利能力は保持しています。失踪者が生存していること、または危難が去ったときとは異なる時に死亡したことが明らかになった場合には、失踪宣告を取り消すことができます。取消しがなされると失踪宣告は初めからなかったことになります。”